トップ > 育毛の基礎知識 > 妊娠・出産の育毛への影響

妊娠・出産の育毛への影響

育毛を考える女性は少なくないのですが、妊娠・出産を機に頭髪が気に掛かるようになる人は多いようです。妊娠から産後にかけての時期は、ホルモン分泌が非常に変化します。それに伴って一過性ではありますが、抜け毛も多くなるのです。このような状態は、分娩後脱毛症と言われているもので、育毛を考えるきっかけになる人もいる筈です。

妊娠中は、プロゲステロン(黄体ホルモン)が多量に分泌されます。このホルモンは、妊娠を助ける作用のほかに、頭髪の成長を促す作用もあります。分娩後は、プロゲステロンの分泌が少なくなり、エストロゲンの分泌が増します。すると、髪周期で成長期であった頭髪が、急に休止期になるために、抜け毛が気になるようになるのです。

気になりだしたら、すぐに育毛を行いたいものです。ですが、出産後の体は非常に敏感な時期ですから、育毛剤を使うことやシャンプーを試すようなことは止めておきましょう。出産後6ヶ月を過ぎると、体力も回復しホルモンのバランスも元に戻り、頭髪の状態も落ち着いてきます。この時期の様子を見ながら、育毛を行うようにして下さい。産後の体力の回復具合は、人それぞれで、育毛効果も個人差があります。中には産後ストレスから円形脱毛症になる人もいますので、注意が必要です。

 

ポリピュア
このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
育毛の基礎知識

育毛に関する基礎知識をしっかりと押さえることが、髪の毛を大切に扱う第一歩です。 髪の悩みを解決するためにも、育毛についての基本を確認しておきましょう。

前の記事 | 次の記事

関連記事
当サイトで一番人気のページはコチラです。

サイト内検索
カテゴリー
リンク集
リンク集
更新履歴
返金保証制度のある育毛剤(2009年12月11日)
育毛に代わって(2008年12月15日)
育毛期間にカツラ(2008年12月12日)
子供の育毛のために(2008年12月10日)
サプリメントで育毛(2008年12月 7日)
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加