トップ > 育毛の基礎知識 > 遺伝的要素と育毛

遺伝的要素と育毛

育毛を考えた時、髪の成長の障害になりえるものは幾つか上げられます。その中に遺伝的要因も考えられます。今まで、抜け毛や薄毛などは遺伝的要因が強いと考えられえいました。親が薄毛で悩んでいるような時、その子も同じように悩むことが多いのは事実です。頭の薄い人の家系を見てみると、歴代頭の薄い人が多いようです。

頭が薄くなる要因は、母親から伝わると言われることがあります。そのように思われているだけであって、育毛の研究者によると必ずしも、そうなるとは限らないようです。遺伝的要因と言うよりも、生活習慣が親子で似ていることが影響していることも考えられます。

育毛は、出来るだけ早い時期から行うと、効果が得やすくなります。薄毛の心配がある人は、親と同じ生活習慣が頭髪に影響を及ぼしていないか見直してみましょう。食事内容が偏ってはいないか、日頃の睡眠は十分か、適度な運度を行っているかなど、育毛を妨げるような生活を送ってはいないでしょうか。

毛母細胞の働きが良くなかったり、発毛しにくいと言った体質は遺伝するかもしれません。ですが諦めずに気長に、育毛に取り組んでいきましょう。時間が必要かもしれませんが、健康的な頭髪が得られる筈です。

 

ポリピュア
このエントリーを含むはてなブックマーク [clip] BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク FC2ブックマーク
育毛の基礎知識

育毛に関する基礎知識をしっかりと押さえることが、髪の毛を大切に扱う第一歩です。 髪の悩みを解決するためにも、育毛についての基本を確認しておきましょう。

前の記事 | 次の記事

関連記事
当サイトで一番人気のページはコチラです。

サイト内検索
カテゴリー
リンク集
リンク集
更新履歴
返金保証制度のある育毛剤(2009年12月11日)
育毛に代わって(2008年12月15日)
育毛期間にカツラ(2008年12月12日)
子供の育毛のために(2008年12月10日)
サプリメントで育毛(2008年12月 7日)
RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
ivedoorリーダーに登録
はてなRSSに追加